アナウンサーとしての立居振る舞い

こんにちは晴れ
元NHKアナウンサー・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

今日は、高校でのマナー講演でしたカラオケ
「面接におけるマナー」などをテーマにお話させていただきました。

本業はアナウンススクールの代表&講師、コミュニケーション講師ですが、高校生など若い方には面接指導や面接でのマナーについてもお伝えしていますニコニコ

「マナー」には、一般的なルールがあります。
しかし、そのルールにのっとっていればいいのかと言えば、そうではありません。

「マナー」を判断するのは「相手」です。
相手が不快な思いをしないこと。
それが大切です。

以前、「面接官の視点になりましょう」とお伝えしましたが、相手の立場に立つことによって、自分がどう振る舞えばいいのかが分かりますひらめき電球

「面接でどういう立居振る舞いをすればいいのか」
悩んだときには、面接官の立場になってみてください。

あなたはが面接官なら、どんな立居振る舞いをされたら不快になりますかはてなマーク
「この人、なんだか感じ悪いな・・・」と感じますかはてなマーク

面接官の立場になると、マナーも自然と身に付きますキラキラ

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
黄色い花講師紹介はこちら

黄色い花コース案内はこちら

黄色い花お問い合わせはこちら
announcer★olive.80.fm 
(★を@に変更して送信してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>