アナウンサーになるために取り越し苦労をやめましょう

相澤静アナウンススクール合格実績  合格率90%!

合格者の声はこちらをご覧ください。

 

LINE@始めました!

定期的に開催するランチ会やセミナーの情報などリアルタイムでお伝えします。

ぜひ登録してください。

 

友だち追加

こんにちは晴れ
元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

今日は、無料相談でした。
社会人で、働きながらアナウンサーを目指している方でした。

仕事をしながら全国各地の採用試験を受けるというのは、時間的にも体力的にも精神的にもきついものです。

よく、仕事をしている社会人の方に相談される内容で多いのが次の2点です。

1「書類審査が通過してオーディションになったときに、仕事を休むとなると皆さんに迷惑をかけてしまう。そう思うと、応募するのをためらってしまう」
2「書類が通過してオーディションになったときに、仕事を休むのが申し訳ない。そう思うと、今はアナウンサー試験に集中するためにも、せっかくだけど、お声掛けいただいている仕事を断わったほうがいいのでは?」

はっきり申し上げます。
取り越し苦労です(笑)。

書類が通過するかどうかは、まず書類を出してみないと分かりません。
そして、書類を出す前から「書類審査が通過したら・・・」と考えるほど、書類審査は甘くはありません。

2に関しては、せっかく放送の仕事をいただけそうなのに断ってしまう方が多いのです。

先方の好意で「放送の仕事をやってみないかはてなマーク」とお声掛けいただいてるのにも関らず、断ってしまう。
非常にもったいないです!!

以前から「放送の仕事に携われるならアルバイトでもボランティアでも携わりましょう」とお伝えしていますが、放送の仕事に携わることは、あなたがアナウンサー試験を受けるときにプラスに働くのですキラキラ

なのにもかかわらず、取り越し苦労をして、自分でそのチャンスを逃してしまう・・・。
もったいないですね。

さあ、今日から取り越し苦労はやめて、前に進みましょうクローバー

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする