局アナ試験の書類審査が通過しやすい写真の特徴~その4~

相澤静アナウンススクール合格実績  合格率90%!

合格者の声はこちらをご覧ください。

 

2冊目の著書発売中!

NHKキャスター・リポーター採用に絶対合格 合格率90%驚異のメソッドであなたの夢を叶えよう!」

→ Amazonで「NHKキャスター・リポーター採用に絶対合格 合格率90%驚異のメソッドであなたの夢を叶えよう!」を見る

 

LINE@始めました!

定期的に開催するランチ会やセミナーの情報などリアルタイムでお伝えします。

ぜひ登録してください。

友だち追加

こんにちは。

NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

「書類審査が通過しやすい写真」について、最後のポイントをお伝えします。

応募書類に添付する写真は、大体、次の3種類です。

・エントリーシートや履歴書に貼る証明写真

・上半身の写真

・全身写真

この3種類の写真の選び方、あなたはなにを基準にしていますか?

「色々な私を見てほしい!」と欲張っていませんか?

つまり、どの写真も印象が異なる写真を選んではいませんか?

写真の印象が違うと「どの写真が本当の姿なんだろう?」と面接官は思います。

書類審査も面接も、面接官が「?」と疑問を持ったままだと不合格になります。

写真は、真正面か右側が前なのか、はたまた左側が前なのかによって、印象が大きく変わります。

また、髪型も前髪があるのか、右に流しているのか、左に流しているのか、ハーフアップなのかすべての髪の毛を下ろしているのかなどによって、同じ人でも印象がだいぶ変わります。

衣装においてもしかりです。

欲張って「色々な表情(印象)の私を見てほしい!」と印象や雰囲気が違う写真を何枚も送るのではなく、統一感のある写真を選びましょう。

<相澤静アナウンススクールでは、随時、体験説明会を実施しています。詳しくはこちらをご覧ください。>

 http://aizawa-shizu.com/announcer/  

<無料相談、随時受付中>

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)