民放がダメだったからNHKキャスターもダメということはありません

こんにちは。

元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

当スクールは既卒者専門のアナウンススクールなのですが、毎年、何人か新卒の方が入学されます。

・これまで民放の書類は通過していたのにNHKのキャスター試験は一度も書類が通過しないという方

・NHKキャスターになるのが夢だから、早くから対策を立てて本番に臨みたいという方

・まだ内定をもらっていないので、このままNHKのキャスター試験を受けるのが不安という方

色々な理由で様々な方が来てくださいます。

全国各地の民放に書類を応募しているけれど、書類審査がなかなか通過しないと不安に思っているあなたへ。

大丈夫ですよ!

民放の試験がうまくいかないからNHKキャスター試験もうまくいかないんじゃないかと不安になる必要はありません。

なぜなら。

民放のアナウンサーとNHKキャスターの採用基準や求められているものが全く違うからです。

民放の試験がうまくいかなかった理由は、もちろん改善点もあるとは思いますが、あなたが民放の求めているアナウンサー像ではなかっただけのことです。

民放の書類が全く通過しないからと言って、NHKキャスターもそうだとは限りませんよ。

現に私は4年間のアナウンス受験の中で、民放の面接に行ったのはほんとうに数える程度です。

でも、NHKキャスターはというと何度か面接には行きましたし、NHK室蘭放送局に合格した年は、民放は面接に行った記憶がありません(笑)。

それでも、NHKのキャスター試験に関しては、9割、書類審査が通過して、毎週末、どこの放送局を選ぶか悩んだくらいです。

だから、大丈夫ですよ!

まだまだチャンスはあります。

NHKキャスター試験の書類審査が通過する履歴書について知りたい方は、ぜひ、一度、体験説明会にお越しください。

相澤静アナウンススクール体験説明会は、随時開催しています。

http://aizawa-shizu.com/announcer/

こちらで、コツとポイントをお伝えしますよ。

<無料相談、随時受付中>

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする