キー局のアナウンサーと地方局のアナウンサー

相澤静アナウンススクール合格実績  合格率90%!

合格者の声はこちらをご覧ください。

 

LINE@始めました!

定期的に開催するランチ会やセミナーの情報などリアルタイムでお伝えします。

ぜひ登録してください。

 

友だち追加

こんにちは晴れ
元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

今日のテーマは「キー局のアナウンサーと地方局アナウンサーの違い」です。

大きく分けると2つあります。
1キー局は分業化
2地方局はあらゆる仕事に携わる

大きな局になればなるほど、アナウンサーは「画面に出て伝える仕事」という立ち位置が大きくなります。
もちろん取材はしますが、取材&出演以外は他の人の仕事というのが強くなります。
いわゆる「分業」です。

一方、地方局のアナウンサーはというと、取材の他に、番組の構成や台本を考える「ディレクター業務」・カメラを回す「カメラマン業務」・撮影したVTRを編集する「編集業務」いくつもの業務をこなすのが基本です。

また、民放ではアナウンサーが記者を兼務することも多く、事件・事故が起きた場合にカメラを担いで取材に行くこともあります。

それぞれのアナウンサーのメリット・デメリットについては、次回、お伝えしますひらめき電球

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする