「アナウンサー」の仕事が具体的にイメージできていますか?

相澤静アナウンススクール合格実績  合格率90%!

合格者の声はこちらをご覧ください。

 

LINE@始めました!

定期的に開催するランチ会やセミナーの情報などリアルタイムでお伝えします。

ぜひ登録してください。

 

友だち追加

こんにちは。

元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

あなたは「アナウンサー」という仕事についてのイメージがしっかりと出来上がっていますか?

「NHKのキャスター・リポーター」がどんなことをするのかイメージが湧きますか?

もし、私のこの問いに「YES」と答えられないのであれば、危険です。

アナウンサーの仕事はテレビに出演している華やかな部分が取り上げられることが多いです。

実際の業務の大部分を占める裏方の仕事については取り上げられることがあまりありません。

そのため「アナウンサーの仕事とは?」「キャスター・リポーターの仕事とは?」の一番大事な部分が理解できずに試験を受ける方が多いです。

アナウンサーの仕事は9割が裏方の仕事、つまりは番組制作の仕事です。

自分で話題を探して取材をして、企画を立てて構成や演出を考えて、時には自分でカメラを持って撮影に行き、編集もします。

民放のアナウンサーの場合、アナウンサーと記者を兼務している場合も多いので、事件や事故の現場に行ってカメラを回しながらインタビューをすることも多々あります。

こういった裏方の仕事のほうが多いことを知らずに試験を受けると、どうなるか。

まず、面接で面接官が納得するような受け答えができません。

そして、もし合格できたとしても「こんなはずじゃなかった」ということになりかねません。

せっかく最後の一人に選ばれてアナウンサーになることができたのに「こんなはずじゃなかったから一年で辞めます」となるのは実にもったいないです。

もし、あなたが今、明確なアナウンサー像を思い描けていないのであれば、まずは周りにいるアナウンサーの先輩に話を聞きましょう。

もし、周りに話を聞ける人がいないという場合には、いつでもお気軽にご連絡くださいね。
 

相澤静アナウンススクール体験説明会の詳細・申し込みは以下のURLからどうぞ。

http://aizawa-shizu.com/announcer/

<無料相談、随時受付中>

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする