エレガントな座り方

相澤静アナウンススクール合格実績  合格率90%!

合格者の声はこちらをご覧ください。

 

LINE@始めました!

定期的に開催するランチ会やセミナーの情報などリアルタイムでお伝えします。

ぜひ登録してください。

 

友だち追加

こんにちは晴れ
元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

前回に引き続き、今回も「美しい姿勢」がテーマです。
今日は「椅子の座り方」です。

美しい立ち方にポイントがあったように、椅子の座り方にもポイントがありますひらめき電球

ポイントは次の3つです。
1椅子に浅く腰かける
2美しい立ち姿勢のときのように背筋を伸ばす
3頭の先からつま先まで神経をいきわたらせる

特に気を付けたいのは、1椅子に浅く腰かけるです。
椅子に浅く腰かけることで背もたれがない状態になりますので、必然的に背筋を伸ばさなくてはならなくなります。

これらのポイントを踏まえたら、あとは何十分も何時間もその姿勢をキープし続けてください。

アナウンサーは番組の進行中、ずっと同じ姿勢を保たなくてはなりません。
そして、正面からだけでなく様々な角度から全身を映されます。
どの角度から映されても、エレガントに見える「椅子の座り方」を身に付けましょうキラキラ

オーディションでも、その姿勢は見られています。
アナウンサーになるためには、発声や発音・ニュース読みの力だけを見られているわけではありません。

「美しい立居振る舞いができるかどうか?」も見られています。

これまで姿勢をあまり意識をしてこなかった方は、姿勢にもっと気を配りましょう。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする