不合格が続いても気にしない

こんにちは。

元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

12月も中旬になって落ち込んではいませんか?

最後の一人に選ばれなくてはNHKキャスターにはなれないので落ち込む気持ちはよく分かります。

しかし、あまりにも落ち込んで自信を失わないようにしてくださいね。

最後の一人になれない理由のひとつは「あなたが放送局の求めている人材に合わなかった」ということです。

放送局によって欲しい人材が違います。

各局の募集要項を見てみてください。

A局では「キャスター募集」

B局では「リポーター募集」

C局では「キャスター・リポーター募集」

D局では「スポーツキャスター募集」

同じNHKでも、これだけ求めている人材が違うのです。

書類審査で、ある程度、放送局によって欲しい人材に近い人を絞ります。

そして、面接で判断するのです。

もし、あなたがリポーターの仕事をしてみたいと思っていて性格的にもリポーター向きであれば「キャスターが欲しい」と思っている局に採用されることはありません。

逆もしかりです。

たくさん応募しているのになかなか書類が通過しない方は書類の書き方を改善する必要もありますが、書類審査の通過率があまり良くなくても、そんなにクヨクヨ考えることはありませんよ。

<相澤静アナウンススクール体験説明会、随時開催中>

http://aizawa-shizu.com/announcer/

<無料相談、随時受付中>

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする