アナウンサーになるには自己PRは最低3つ必要です

相澤静アナウンススクール合格実績  合格率90%!

合格者の声はこちらをご覧ください。

 

LINE@始めました!

定期的に開催するランチ会やセミナーの情報などリアルタイムでお伝えします。

ぜひ登録してください。

 

友だち追加

こんにちは晴れ
元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの
相澤静です。

突然ですが、あなたは自己PRの話題をいくつ持っていますかはてなマーク

鉄板の話題をひとつはてなマーク
それとも、なにかあったときのために2つはてなマーク

自己PRの話題は最低でも3つは準備してくださいメモ

私がNHK室蘭局に内定したときのことです。

オーディションは、最初に20分ほどの面接でした。
その後にスタジオでのカメラテストがありました映画

最初の面接では、面接の途中に「自己PRしてください」と言われました。
そのときに、鉄板の自己PRをしました。

その後、面接が進み、今度は自分の性格を話す場面がありました。
自己PRほど自分をアピールはしませんでしたが、それでも自分のアピールポイントや長所を織り交ぜた話題を話しました。

そして、カメラテスト。

スタジオに入り、キャスター席に座って、最初の質問が「カメラに向かって自己PRをしてください」でした。

室蘭局でのオーディションでは、自己PRもしくは自己紹介を全部で3回話す機会があったのです。

さあ、あなたは、オーディションで3回も「自己PRをしてください」と言われて、慌てずに対応できますかはてなマーク
あなたの魅力を伝える自己PRを3回話せますかはてなマーク

エントリーシートや履歴書、作文に書く話題は鉄板の話題ひとつでもいいのですが、オーディションでは鉄板の自己PRひとつでは足りないのです。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする