アナウンサーの仕事

こんにちは晴れ
元NHKアナウンサー・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

今日は、ケーブルテレビ局の仕事でしたテレビ
番組のキャスターとして、地域のニュースをお伝えしています。

私は、NHKとケーブルテレビ局での勤務経験がありますが、原稿を読む際に大きな違いがあります。

それは・・・
特定の固有名詞です。

NHKでは、利益追及はNGでしたので、お店の名前などは一切出せませんでした。
「○○町の洋菓子店では~」「市内の介護施設では~」「○地域のある企業では~」などのようにニュース原稿は書いてあります。
自分で原稿を書くときや番組のコメントもそうです。

しかし、ケーブルテレビ局は地域密着の放送局。
「○○店」や「株式会社■■」など、固有名詞がバンバン出ます。
そして、この固有名詞は、地元で通用しているアクセントやイントネーションがあります。

これまでの私の経験の中では「固有名詞を読む」「固有名詞を伝える」ということがなかったので、ケーブルテレビ局で当たり前のように固有名詞が登場することに、最初は戸惑いました。
アクセントやイントネーションもなかなか難しく、未だにスタッフの方から指摘を受けますあせる

「ところ変われば品変わる」ということわざがありますが、まさにその通りだな~と思いながら、日々、ケーブルテレビ局の仕事に携わっていますニコニコ

もし、あなたが放送の仕事を探しているのであれば、ぜひケーブルテレビ局も探してみてくださいひらめき電球
地域密着の放送局だからこその「おもしろみ」や「やりがい」がありますよ。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
黄色い花講師紹介はこちら

黄色い花お問い合わせはこちら
info★aizawa-shizu.com
(★を@に変更して送信してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする