NHK地方局アナウンサーの仕事~私の経験から。その5~

相澤静アナウンススクール合格実績  合格率90%!

合格者の声はこちらをご覧ください。

 

LINE@始めました!

定期的に開催するランチ会やセミナーの情報などリアルタイムでお伝えします。

ぜひ登録してください。

 

友だち追加

こんにちは晴れ
元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの
相澤静です。

最近、シリーズ化していますが(笑)、今回もNHKの仕事についてです。

リポートの制作は、基本的にアナウンサーが自ら話題を探して取材をして企画します。

しかし、アナウンサーは出演して伝えることが仕事ですので、時には、他のスタッフが制作したリポートに出演することもあります。

その際、制作者が意図することを汲み取って出演することが大切です。

制作者がどういう思いでこの演出をしたのかはてなマーク
制作者の思いはどこにあるのかはてなマーク
制作者の欲しいインタビューを撮影するには、どんな質問が効果的なのかはてなマーク
・・・etc・・・

常に考えて動かなくてはなりません。

アナウンサーが制作者の意図を取り違えて撮影してしまうと、リポートの本質が見えなくなります。

アナウンサーは、様々なことを考えて仕事に臨むことが求められます。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする