アナウンサーになるためのモチベーションの保ち方~その2~

相澤静アナウンススクール合格実績  合格率90%!

合格者の声はこちらをご覧ください。

 

LINE@始めました!

定期的に開催するランチ会やセミナーの情報などリアルタイムでお伝えします。

ぜひ登録してください。

 

友だち追加

こんにちは晴れ
元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの
相澤静です。

今日は「モチベーションの保ち方~その②~」についてお伝えします。

以前、私が実践していたモチベーションを保つ方法は「前向きになれる本をたくさん読むこと」とお伝えしました。

それと並行して実践していたのが自問自答を繰り返すことです。

不合格通知を受け取る度、オーディションで「不合格です」と言われる度、「もういいや」と思いました。

「こんなに苦しい思いをするのは、もう嫌だ」
何度も何度も悔し涙を流しました。

悔し涙を流しながら、不合格通知をビリビリ破ってゴミ箱へ捨てる。
湯船に浸かって大声で泣く。
「明日からは、もうアナウンサーの夢を追いかけるのを辞める」そう決めてベットに入る。

そして、翌日。

もう一度、自分自身に聞きます。

「アナウンサーになることを諦めて、本当に後悔しないはてなマーク
「周りの同期がみんなアナウンサーになって活躍しても、羨ましいと思ったり妬んだりしないはてなマーク
「アナウンサー以外の自分を想像できるはてなマーク
・・・etc・・・

これらの質問に「YES」と言えるかどうか。

私は、どんな質問にも「YES」とは言えませんでした。

もし、今、あなたが不合格が続いていて心が折れそうになっていたら、自問自答してみてください。

あなたはアナウンサーになれない人生でも、後悔しませんかはてなマーク

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする