相澤流「面接ノートの作り方」

相澤静アナウンススクール合格実績  合格率90%!

合格者の声はこちらをご覧ください。

 

LINE@始めました!

定期的に開催するランチ会やセミナーの情報などリアルタイムでお伝えします。

ぜひ登録してください。

 

友だち追加

こんにちは。

NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。  

あなたは面接が終わった後、なにをしていますか?

次の面接の準備?

締め切りが迫っている局の書類作成?

面接が終わったら、真っ先にやっていただきたいことは「面接ノートを作ること」です。

あなたは面接を受けたら受けっぱなしにしていませんか?

そうだとしたら、それは大問題です。

私は面接を受けに行った後に必ず「面接ノート」を作っていました。 

面接でとても緊張するタイプだったので「面接官がどんな質問をしてきたか?」「どんな反応だったか?」「自分はどう答えたか?」などを冷静に見ることができませんでした。

なにがなんだかよく分からないまま、面接が終わってしまった・・・。

そういう経験をたくさんしました。  

そこで、あるときから「そうだ!面接が終わったら、その状況を書くノートを作ってみよう」と思ったのです。  

こうして面接を受けに行ったら、必ず、その面接を思い出して内容を細かく記録することにしました。  

改善のためには現状を知る必要があります。

この面接ノートを作る作業が「自分の現状を知る」作業です。  

面接ノートには、以下の項目を書きます。

1.面接官が何人いて、どんな人だったか

2.質疑応答の内容

3.自分が答えたときの面接官の反応

4.今日の面接の良かった点

5.今日の面接の反省点  

これらの項目に覚えている限り書き出しました。  

最初、慣れないうちは面接が終わった帰りの電車の中で、すぐに書き込んでいました。  

そして。

面接ノートは、書いて終わりではありません。  

翌日に、そのノートを見返します。

質疑応答の部分を振り返るのです。

「この質問の答えはこれでよかったかな」

「ここはもっと○○をアピールできたんじゃないかな」

「ここはちょっと違う答えのほうがよかったかも」  

自分の答えを反省します。  

1.面接が終わったら、面接ノートを作る

2.翌日に見返して反省する  

これらを面接を受けるたびに繰り返しました。  

そうすると、あるときから面接を冷静に受けることができるようになってきたのです。

緊張して早口になったときも「あ、今、ちょっと早口。少しゆっくり話そう」と自分の状態を分析できるようになってきました。  

この頃には、面接で聞かれる質問の内容もある程度は同じということも気が付き、何度もブラッシュアップをしているので、自分の言葉で冷静に話すことができるようになりました。  

この経験から、私はスクール生にはこの面接ノートを作ることをお勧めしています。   どんなノートでも構いません。

今日から「面接ノート」を作りましょう。

■相澤静アナウンススクール体験説明会、開催中

http://aizawa-shizu.com/announcer/

<無料相談、随時受付中>

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)