特別な経験がないとアナウンサーになれない?!

相澤静アナウンススクール合格実績  合格率90%!

合格者の声はこちらをご覧ください。

 

LINE@始めました!

定期的に開催するランチ会やセミナーの情報などリアルタイムでお伝えします。

ぜひ登録してください。

 

友だち追加

こんにちは。

元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。  

これまで様々な方とお会いし、お悩みを伺ってきました。

中でも一番多いのが「私は特別な経験がなく、アピールでることがないのです」ということ。

これは大学生でも社会人でも、どなたでも持っている悩みです。

民放のアナウンススクールでは、他のライバルたちとの差別化のために「他の人と違うことをアピールしなさい」と指導しているかもしれません。

だから、ものすごく大きな特別な出来事でないと「アピールすることがない」という風になってしまうのでしょう。

民放の大手アナウンススクールと「相澤静アナウンススクール」は考え方が全く異なります。

だから、あなたが考える特別な経験をしていなかったとしても、全く問題ありません。

なぜなら。

NHKキャスター・リポーターオーディションでは、面接官が一緒に働くメンバーを見つけるために行っているからです。

もちろん、放送局の看板を背負う人を選んでいます。

しかし、それだけではなく「この子は、これから私たちと一緒に気持ち良く働いてくれる人だろうか?」というのも見ています。

だから、面接官が「一緒に働きたいな」と思うような話をすればいいのです。

では「それはどんな話か?」というのは、ご自身で考えてみてください。

スクール生にもよく言われますが、私は簡単に正解を教えません(笑)。

あなたが一緒に働く人を選ぶとき、なにを基準に選びますか?

あなたが部下を持ちたいと思ったとき、どんな人が部下だったら嬉しいですか?

「私、留学経験があって、語学が堪能なんです!すごいでしょう?」と言う人ですか?

それとも「私は家庭の事情で留学することができませんでした。だから、本屋さんに行って語学の本を買ってきて、自宅で毎晩ラジオを聴きながら言葉を覚えました。ラジオで講師の方の話し方を聴いていると、なんだかほっとして、たまに寝てしまうときもありました」と話してくれる人ですか?

あなただったら、どちらの人を同僚、もしくは部下にしたいと思いますか?

あなたの日常生活からあなたの人柄が伝わるエピソードがあれば、全く問題はないのです。 

■相澤静アナウンススクール体験説明会、開催中

http://aizawa-shizu.com/announcer/

<無料相談、随時受付中>

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)