アナウンサー試験で奇をてらう必要はありません

相澤静アナウンススクール合格実績  合格率90%!

合格者の声はこちらをご覧ください。

 

LINE@始めました!

定期的に開催するランチ会やセミナーの情報などリアルタイムでお伝えします。

ぜひ登録してください。

 

友だち追加

こんにちは。

元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

今日は、私の失敗談から。

新卒時代はたくさん失敗をしてきたので、お伝えするのも恥ずかしいのですが・・・。

私のような失敗をしてほしくないので、お伝えします。

笑いながら読んでください(笑)。

アナウンサー希望の方とお話しするとよく訊かれることがあります。

それは「どんなエピソードだと印象に残るのでしょうか?」ということ。

特に民放のアナウンススクールに通っている新卒の方から多い質問です。

きっと「いかに目立つか?」を重要視しているのでしょう。

しかし、奇をてらう必要はありません。

あなたがこれまでに力を注いできたこと・努力をしてきたこと・あなたが「当たり前」と思っていることで他の人がしていないこと・・・等々、日々の生活の中でのエピソードで充分です。

ただ、その「伝え方」が大事です。

書類であれば、読み手が想像しやすいように。

面接であれば、聞き手が想像しやすいように。

初めて読んだ(会った)人があなたの姿をありありと想像できることが一番大切です。

私は、新卒時代に「他の人よりも目立つことを書かなくちゃ(話さなくちゃ)」と思って、こんなエピソードを考えました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日、水仙の鉢植えを買いました。

水仙の●●なところが好きです。

この鉢植えを買ってから、私は、毎朝、水仙に話しかけています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

確か、このようなエピソードだった気がします。

私はこのエピソードで「いける!」と真剣に思っていました。

しかし、当時通っていたアナウンススクールの先生から言われたのは「相澤さん、水仙の花に話しかけている人って怪しいですよね」と(笑)。

そして「いたって普通のことを普通に話せばいいのですよ」と言われました。

当時は、このエピソードがなぜ良くなかったのかがピンときていませんでしたが、今なら先生がおっしゃっていたことがとてもよく分かります(笑)。

あなたは「他のライバルたちよりも目立とう」として「奇をてらったこと」を書類に書こうとか、面接で話そう、などとしていませんか?

「奇をてらう」ことが目的だとやりがちです。

奇をてらわず、あなたのありのままを伝えましょう。

<相澤静アナウンススクール体験説明会、随時開催中>

http://aizawa-shizu.com/announcer/

<無料相談、随時受付中>

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする