面接は「○○をする場」です

こんにちは。

元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

12月に入り、オーディションに行ってきたという方もいるでしょう。

オーディションでは自分の力を発揮できましたか?

今日は、多くの人が勘違いしている「面接」についてお伝えします。

あなたは「面接」という場をどんな場だと理解していますか?

・自分を売り込む場?

・自己アピールをする場?

・放送局を知る場?

色々と出てくるかと思います。

私が声を大にして伝えたいのは・・・・

「面接」は「面接官と会話する場」ということです。

面接官は様々な角度からあなたを見ています。

本当にその局に必要な人材なのかを判断しています。

そして、アナウンサーとして仕事をする上で一番重要になる「コミュニケーション力」を見ています。

「コミュニケーション=会話力」ですから、あなたは面接で面接官と「会話」をしなくてはいけません。

それなのにも関わらず「面接は自分を売り込む場だ」と思って臨むと、面接官の質問に対して延々と演説をしてしまったり、的外れな答え方をしてしまったり、どんな質問に対しても自己アピールをしてしまって面接官から「コミュニケーション力が乏しい」という判断をされてしまうのです。

「面接」は「コミュニケーションの場」です。

もちろん、そこで自己PRをするということも必要ですが、あまり「自分を売り込むんだ」と思わないようにしましょう。

あくまでも「面接官と会話をして自分を分かってもらうんだ」という気持ちで臨みましょう。

ちなみに。

私がNHKキャスターに合格した後、面接官だった方に「なぜ、私を選んでいただいたのですか?」と訊いてみました。

すると、答えはこうでした。

「多くの受験生の中で面接官4人と15分間、会話が続いたのは相澤さんだけでした。だから選びました」

「会話が続く」=「コミュニケーション能力がある」

そういう判断なのです。

あなたは面接官ときちんと「会話」ができますか?

<相澤静アナウンススクール体験説明会、随時開催中>

http://aizawa-shizu.com/announcer/

<無料相談、随時受付中>

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする