「自然に話す練習」は必須です

こんにちは。

元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

面接で話す話題をノートにまとめる作業はしていると思いますが、考えた話題を自然に話す練習はしていますか?

日本語は「書き言葉」と「話し言葉」が違います。

いくら書き言葉で素晴らしい文章を考えても、普段、自分が使っていない言葉は出てきません。

また、面接官を前に「自然に話す」ということは難しく、日頃から自然に話す練習をしていないと面接でできません。

考えをノートなどにまとめて書いたら、次にあなたがすることは「自然に話す練習をすること」です。

鏡の前で、作った自己紹介や志望動機を話してみましょう。

鏡の前で話してみると自分の話し方の癖や表情などが分かるので、改善することができます。

私は、自己紹介や志望動機だけでなく、鏡の前で模擬面接もしていました(笑)。

面接官役と応募者役の一人二役をして、面接の練習をしました。

自然に話す練習は一日にしてならず。

日々、時間を見つけてやりましょう。

<相澤静アナウンススクール体験説明会、随時開催中>

http://aizawa-shizu.com/announcer/

<無料相談、随時受付中>

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする