アナウンサーになるために求められるもの

相澤静アナウンススクール合格実績  合格率90%!

合格者の声はこちらをご覧ください。

 

LINE@始めました!

定期的に開催するランチ会やセミナーの情報などリアルタイムでお伝えします。

ぜひ登録してください。

 

友だち追加

こんにちは晴れ
元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの
相澤静です。

最近は、このブログを読んでくださっている方からの無料相談がとても多くなっています。
ありがとうございますニコニコ

一人一人のご質問にしっかりと答えておりますが
他の仕事の兼ね合いもあり、ご質問をいただいてから
すぐには返信ができない状態が続いております。

3日以内に返信を・・・と言っておきながら、
本当に3日後の返信になってしまっていることをお詫びいたします。

相談の件数が増えてから感じているのですが
質問に対する返信を送りますと、その返信に対して
また返信をいただきます。

お礼のメールです手紙

中には、とても素晴らしいお礼のメールの方もいて
感動しますキラキラ

「人にものを尋ねたら、お礼をする」

そんな当たり前のことができていない人も多くいる世の中で
感動するようなお礼メールをいただくと
とても温かくなります。

そして、そういう人はアナウンサーになれると私は確信しています。

アナウンサーは、周りの人に対する気遣いや心配りが
できなくてはなりません。

そういった気遣いや心配りは、
アナウンサーになってからのことではなく
常日頃からできていないと意味がないのです。

あなたは、人にものを尋ねたら、お礼のメ電話・メール(手紙)をしていますかはてなマーク
聞くだけ聞いて終わっていませんかはてなマーク

自分の思うような返事でなかったとしても、スルーせずに
自分のために時間を割いていただいたことを感謝しましょう。

自分自身のことを振り返ってみてください。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする