アナウンサーに合格する人は「○○」を徹底しています

こんにちは。

NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

今日のテーマは「合格する人の共通点」です。

私は、アナウンススクールの他に公務員面接試験研究所(http://koumuin-mensetsu.net/)という団体の代表講師も務めています。

この研究所では公務員希望者の方々が面接を突破するためのコツやポイントなどをお伝えしてセミナーや授業などを行っています。

昨日は、この研究所で学び、見事公務員に合格された方々の合格祝賀会でした。

祝賀会では、試験のことやこれまでの苦労話など皆さんからお伺いしますが、とても興味深い話があったので、ぜひあなたにもお伝えしたいと思います。

合格された方々が念入りに行っていたことがありました。

それは・・・・

「徹底的なリサーチ」ずばり「取材」です。

ある合格者の方は、面接の前にその自治体主催のお祭りがあるのを知ったので、実際に行き、自治体の方々が出しているブースがあったので、話しかけてお話を伺ったそうです。

そして、その方はそのときの話を面接でしたそうです。

これって、私が常々、アナウンサー希望者の方々に伝えていることなのです。

まったく縁もゆかりもない土地でアナウンサーとして働きたいと言ったときに、面接官をどれだけ納得させられるかは、すべて、この「取材」にかかっています。

インターネットで調べた情報だけでは足りません。

インターネットの情報は誰でも得られます。

そこにあなたのオリジナルはありません。

あなたのオリジナルであり、かつ「ここの放送局でアナウンサーをやりたいんです!!」という強い意志が感じられなければ内定は難しいのです。

ぜひ「徹底的なリサーチ=取材」にこだわってみてください。

■ご質問はこちらまで。

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする