モチベーションの保ち方

こんにちは晴れ
元NHKアナウンサー・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

今日は、モチベーションの保ち方についてお伝えします。

「4年間、アナウンサー試験を受け続けました」というと多くの方に「4年間もモチベーションを保ち続けられたのって、すごいですねビックリマーク」と言われます。
そして「どうやって、モチベーションを保ち続けたのですかはてなマーク」と聞かれます。

書類を書いて出しては不合格の連続。
やっと書類審査が通過して面接を受けに行くと、一次試験の音声テストで1分間のニュース原稿を読んで「はい。お疲れ様でした」と言われたり、面接終了時に「結果は今週中にお伝えします」と言われたのに「もし、また来年受けることがあったら、ぜひ受けてくださいね」とその場で不合格だと告げられたり、自宅に帰ると薄っぺらい封筒に「この度はご縁がありませんでした」と不合格通知が・・・。

「あなたはアナウンサーに向いていません」と何度も言われた気がしました汗

不合格通知を受け取る日々。
あれほどまでに悔し涙を流したことはないというほど泣きました。
「もう、アナウンサーになれなくてもいい」
何度、そう思ったことか分かりません。

しかし、そんな私が「苦しくても辛くても、どうしてもアナウンサーになりたい。だから、前を向いて頑張る」そう、モチベーションを保てたのは、次のことを実践していたからです。

それは・・・。
自問自答すること。

不合格通知が届いた日は、思い切り泣きます。
「もうアナウンサーになんて、なれなくていい。こんな辛い人生は嫌だ」
声を出してトコトン泣きます。
不合格通知をビリビリ破って、丸めて、ゴミ箱に投げつけます。

お風呂に入るときも、湯船に浸かりながら泣きます。
涙がもう出ないのではないかと思うくらいに。

そして、翌日。
今後の自分の人生について自問自答をします。
「私は、このままアナウンサーになれない人生でいいのかはてなマーク
「アナウンススクールの同期がテレビに出ていても嫉妬しないはてなマーク
「アナウンサーでなくても素敵な人生だったと思えるはてなマーク
・・・・etc・・・

そんな質問をし続けます。

ここで「YES」と言えたのならよかったのですが(笑)、私は毎回、これらの質問に「NO」だったのです。

「アナウンサーになれなければ、私の人生じゃないビックリマーク
「私のこれまでの人生は、アナウンサーになるためにあったんだ。それを今更、他の道に進むことなんてできないビックリマーク
「もし、今、他の道を選んだとしたら、テレビにアナウンススクールの同期が出てきたときに羨ましくて仕方がなくなると思うビックリマーク

そう思うと「よし、頑張ろう。前を向いて進もう。きっと、まだまだ努力が足りないんだ」と前向きな気持ちになれました。

心が折れそうになったら。
アナウンサーの夢を諦めてしまいそうになったら。
「今、諦めて、本当に後悔しないはてなマーク」とあなたも自問自答してみてください。
見えてくるものがありますよひらめき電球

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
黄色い花講師紹介はこちら

黄色い花コース案内はこちら

黄色い花お問い合わせはこちら
announcer★olive.80.fm 
(★を@に変更して送信してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>