アナウンサーに向いている人

こんにちは晴れ
元NHKアナウンサー・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

今日は「アナウンサーに向いている人」についてお伝えします。

基本的には「向き不向きより前向き」がモットーなのですが、これまでの自身の経験と多くの受講生を指導してきて「どちらかと言えば、こういう人の方が向いているな」と言うのがあります。

それは、謙虚な人です。

よく、中学校や高校で「演劇部でした」「放送部でした」「合唱部でした」と言う方とお会いします。
そう言う方々は、確かに人前で話すことに慣れているので饒舌に話します。
しかし、残念なことに、そういう皆さんは、聞き手の反応はお構いなしに自分の思いをただひたすらに話す、いわゆる「マシンガントーク」になってしまいがちです。

おそらく自信があるのだと思います。
かつて、私もそうでしたから(笑)。

しかし、実際のところ、そう言う方々は残念な結果になりがちです。

途中で「なにか違う」と気付いて修正することができれば良いのですが、そうでなければ「なぜ、こんなに自分の伝えたいことをしっかりと伝えているのに合格しないのだろう?」と悩み始めてしまいます。

演劇部に入っていても、人前で話すことに慣れていても、そこは謙虚になりましょう。

実際にアナウンサーになると多くの方々を取材させていただきます。
相手の時間を割いていただいて協力していただき、お話を伺うのです。
取材は、こちらが「させていただくもの」なのです。

アナウンサーになっても必要な「謙虚な姿勢」はオーディションでも見られています。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
黄色い花講師紹介はこちら

黄色い花お問い合わせはこちら
info★aizawa-shizu.com
(★を@に変更して送信してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>