あなたの一番の強みがなんだか分かっていますか?アピールポイントがズレていませんか?

相澤静アナウンススクール合格実績  合格率90%!

合格者の声はこちらをご覧ください。

 

LINE@始めました!

定期的に開催するランチ会やセミナーの情報などリアルタイムでお伝えします。

ぜひ登録してください。

 

友だち追加

こんにちは。

NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。  

あなたは、自分の一番の武器や強みがなんだか分かっていますか?

アピールすべきポイントがズレていたりはしませんか?

もし、このブログを読んでいるあなたが、なかなか書類審査が通過しないのであれば、ぜひ見直してみてください。

あなたの一番の武器や強みをアピールできているかどうか。

そして、それがズレていないかどうかを。

時々、アピールすべきポイントがズレている方とお会いします。

例えば。

アルバイトで司会の仕事をしている方がいました。

その方は、以前、通っていたアナウンススクールで「司会ができることをアピールするのがいい」とアドバイスをもらったことから、履歴書の中身はほとんどが「アルバイトで○○の司会をしています!」ということだったのです。

また、ミスコンテストに出場経験がある方がいました。

その方は「ミスコンテストの地方大会で○位になりました!」という実績をアピールしていました。

他にも。

アルバイトで人前で話す機会が多い方がいました。

その方は、人前で話すことができることを存分にアピールしていました。

あなたは、こんな風にアピールするポイントがズレてはいませんか?

キャスター・リポーターは「テレビやラジオに出演して伝える仕事」です。

確かに人前で話す機会も多いです。

しかし、その部分だけに注目して「アルバイトで司会の仕事をしています!」「ミスコンテストの出場経験があります!」「人前で話すことができます!」とアピールをすると、なかなか合格は難しいです。

なぜなら。

そういうアピールをされると面接官が思うことは、ただひとつ。

「あー、目立つのが好きなのね」

これにつきます。

むしろ面接官が興味・関心を持つのは「どんな準備をしてきたのか?」「どんな苦労や大変さがあったのか?」「なぜ、それをしようと思ったのか?」などなど、あなたの人間性が分かる部分です。

なぜ、司会の仕事をしようと思ったのか?

司会の仕事の準備はどうしてきたのか?

ミスコンテストに出場しようと思ったのはなぜか?

出場してみてどんな大変さがあったか?

なぜ、人前で話すことをしたいと思ったのか?

人前で話すことで苦労したのはどんなことなのか?

などなど、そういったことを面接官は知りたいのです。

さあ、あなたのアピールポイントは、どうですか?

ズレていませんか?

相澤静アナウンススクール体験説明会では、あなたのアピールポイントのズレも指摘しています。

もしなかなか書類審査が通過しないのであれば、ぜひ一度、話を聞いてみませんか?

相澤静アナウンススクール体験説明会の詳細・申し込みは以下のURLからどうぞ。 http://aizawa-shizu.com/announcer/  

<無料相談、随時受付中>

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)