面接の受け答えに○○はありません

相澤静アナウンススクール合格実績  合格率90%!

合格者の声はこちらをご覧ください。

 

LINE@始めました!

定期的に開催するランチ会やセミナーの情報などリアルタイムでお伝えします。

ぜひ登録してください。

 

友だち追加

こんにちは。

元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

前々回のブログで「アナウンサー採用試験は“人柄”を総合的に見られる試験です」とお伝えしました。

だから、面接の受け答えに正解はありません。

よく「○○の質問にはなんと答えるのがベターでしょうか?」とか「■■の質問には○○の答えで合っていますか?」と訊く方がいます。

面接の受け答えは会話にさえなっていれば、どんなことを話しても構わないのです。

もちろん「これだけは言ってはNG」ということはあります。

例えば。

マスコミを目指しているのにマスコミの批判をするとか。

言葉を扱うプロであるアナウンサーを目指しているのに活字が苦手だとか。

志望動機で「テレビに出演したいんです!!」とテレビに出たいということをアピールするとか。

そういうことはNGですが、それ以外のことであれば、どんなことを話してもいいのです。

大切なのは「何を話すか」ではなくて「どう話すか」。

「話す内容」ではなく「伝え方」なのです。

あなたの話し方は面接官に伝わる話し方ですか?

面接官の質問に対しての正解を気にするよりも「言葉選び」や「表現」も含めた「伝え方」を気にしてください。

<相澤静アナウンススクール体験説明会、随時開催中>

http://aizawa-shizu.com/announcer/

<無料相談、随時受付中>

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする