「自分基準」の「振り返り」は危険です

こんにちは。

元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

2017年度のキャスター・リポーター試験も終わりましたね。

ここまで受けてきて、どうでしたか?

当スクールからは、今年度は3名が合格しました。

皆さん、よく頑張りました。

合格した方々を見ると共通していることがあります。

それは・・・

「応募した書類と受けた面接を振り返ること」

これを徹底的にしています。

なかなか書類が通過しない人は、写真を変えたり内容を工夫したり、履歴書の書式を変えたり。

なかなか面接で最後の一人に選ばれない人は「面接での質疑応答でなにを話したか」「もっといい答え方があったのではないか」「表情は話し方はどうだったか」等々、ひとつひとつの面接をしっかりと振り返ります。

そして、常にブラッシュアップをしています。

ただ、ここで気をつけなければいけないことがあります。

そのブラッシュアップが自己流になっていないかということです。

「自分ではこう思う」

「自分だったら、こう考える」

こういう「自分基準」はとても危険です。

なぜなら。

応募者の視点と採用者の視点が違うからです。

あなたが「応募者」としてよかれと思ったことが「採用者」の立場に立つと、それがマイナスに働いたり、「採用者」から見るとズレていたりします。

そういったことがないように、ぜひ客観的な意見をもらえる第三者に見てもらいましょう。

相澤静アナウンススクールでは、随時、体験説明会を実施しています。

体験説明会では、NHKキャスター・リポーター試験に特化した応募書類の作成や志望動機、自己紹介の作り方を指導しています。

今年度、合格できなかったあなたにぜひ受けていただきたい内容です。

相澤静アナウンススクール体験説明会の詳細・申し込みは以下のURLからどうぞ。

http://aizawa-shizu.com/announcer/

<無料相談、随時受付中>

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする