アナウンサーの経験から言えること~大学での講義3~

相澤静アナウンススクール合格実績  合格率90%!

合格者の声はこちらをご覧ください。

 

LINE@始めました!

定期的に開催するランチ会やセミナーの情報などリアルタイムでお伝えします。

ぜひ登録してください。

 

友だち追加

こんにちは晴れ
元NHKキャスター相澤静アナウンススクールの相澤静です。

今日は、大学の授業3日目でした。
授業のテーマは「グループディスカッション」でしたが、始めに「話し方」の実践を行いました。

「話し方」は面接突破の一番の要であり、第一印象を左右するものです。

一生懸命、業界研究をし、何度も何度も志望動機や自己PRを練り直し、面接でのマナーを習得し、面接の受け答えの練習をするなど準備万端で本番に臨みます。

そのときに、自分のこれまでの努力や思いを自分の言葉で相手(面接官)に伝えられなければ・相手に伝わらなければ、面接突破は難しいでしょう。

私は、就職活動生や転職希望者には、以下のことをお伝えしていますひらめき電球
1自分の話し方にもっと意識を高く持つこと。
2自分の話し方の癖を知り、印象のいい話し方を訓練して身に付けること。

多くの方は、自分の話し方が周りに与える印象について意識が低いです。

アナウンサーを目指すあなたは、これらの2つについては意識を高く持って身に付ける努力をしていますよねはてなマーク

あなたが今、アナウンサーになるために身に付けている話し方は、アナウンサーになった後も様々な場面で役に立ちます。

基礎となる話し方を今のうちから身に付けてみてくださいキラキラ

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする