「自己PR書」はつけたほうがいいかどうか

こんにちは。

元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

あなたは、NHKのキャスター試験の応募書類に「自己PR書」を付けようと考えていますか?

この件については賛否両論あります。

「自己PR書はつけるべきだ」と教えている先生もいます。

私の個人的な見解をお伝えしますね。

私は「応募要項に記載のないものをあえて付ける必要はない」と思っています。

私は民間企業で採用の仕事をしていたときに書類審査を担当していました。

一番最初の段階の書類の振り分けです。

そのときにこちらが指定した応募書類を送ってこなかった方は「必要書類が揃ってない」という理由で不合格にしていました。

その会社にはいませんでしたが、逆に、こちらが指定した書類以外のものを送ってきた方がいたとしたら、それはそれで不合格にしていました。

なぜなら。

指定していない書類を送るということは「こちらの指示を理解できないのかな」「協調性がないのかな」という判断になるからです。

民放のアナウンサー試験では、募集要項に記載がなくても自己PR書を提出することがプラスに働いていたでしょう。

なぜなら、民放は「個性」が求められるから。

いかに他の受験生よりも「目立つか」が大切だから。

しかし、NHKのキャスターは求められているものが民放と違います。

民放で「自己PR書」を付けて書類審査が通過していたのに、NHKのキャスター試験では全然書類が通過しないとお悩みの方は多いです。

そういう方は、他にも改善する点はあると思いますが、自己PR書が原因ということも考えられます。

自己PR書をつけなくても合格している人は合格しています。

<相澤静アナウンススクール体験説明会、随時開催中>

http://aizawa-shizu.com/announcer/

<無料相談、随時受付中>

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする