文字の矯正は今のうちに!

相澤静アナウンススクール合格実績  合格率90%!

合格者の声はこちらをご覧ください。

 

2冊目の著書発売中!

NHKキャスター・リポーター採用に絶対合格 合格率90%驚異のメソッドであなたの夢を叶えよう!」

→ Amazonで「NHKキャスター・リポーター採用に絶対合格 合格率90%驚異のメソッドであなたの夢を叶えよう!」を見る

 

LINE@始めました!

定期的に開催するランチ会やセミナーの情報などリアルタイムでお伝えします。

ぜひ登録してください。

友だち追加

こんにちは。

元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

以前から何度もお伝えしていますが、あなたの文字は美しいですか?

丁寧な印象を与える文字でしょうか?

文字の矯正は今のうちからしておかないと、試験が本格化してからでは間に合いません。

パソコンが主流になり、NHKキャスター試験の作文が「パソコン可能」になっても、私は断然、手書きをお勧めします。

なぜなら。

文字はあなたの人柄を表すからです。

パソコンの文字はフォントや行間も決まっているので確かに見やすいです。

しかし、その文字から人柄や温かみは感じられません。

あなたも自宅に届くダイレクトメールの中に手書きのハガキやお手紙があると嬉しくなりませんか?

ついつい読んでしまいますよね?

応募書類は、あなたの第一印象を文字や写真で表現したものです。

その第一印象を決める書類に書く文字はパッと見で見やすいだけでなく、そこに人間的な温かみが感じられなくてはいけません。

そのために文字は綺麗に丁寧に書く必要があります。

当スクールの生徒さんの中にも文字が上手ではない方、癖のある文字の方がいました。

彼女たちには「まず、文字を矯正しないと書類審査は通過しないよ」と伝え、ペン字を習ってもらいました。

ペン字はひらがなを少し習うだけでも見違えるような綺麗な文字になります。

もし、このブログを読んでいるあなたが自分の文字に自信がないのであれば、この夏の間にペン字を習って文字の矯正をしましょう。

<相澤静アナウンススクール体験説明会、随時開催中>

http://aizawa-shizu.com/announcer/

<無料相談、随時受付中>

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)