アナウンサーになるために相手に分かりやすく伝える力をつけましょう

こんにちは晴れ
元NHKアナウンサー・相澤静アナウンススクールの
相澤静です。

今日は、研修講師の仕事でした。

講師として伝える際に、私が大切にしていること。
それは・・・・
「余計なこと(言葉)は伝えないこと」です。

私たちは、相手に伝えようとする際に
うまく言葉がまとまってないときや次の言葉を考えているときなど
ついつい余計な言葉を発してしまいます。
(余計なことを言ってしまいます)

余計な言葉を伝えることによって
聞き手には様々な情報が入ってきます。
そうすると、一番伝えたかったことが伝わりにくくなってしまうのです。

余計なこと(余計な言葉)を言わないこと。

これはオーディションの場面でもそうです。

自分が伝えたいことを端的に話しましょうひらめき電球

そして、相手に分かりやすく伝えるポイントは以下の3つです。

1一文は短くする
2ひとつの話題にテーマはひとつにする
3専門用語や省略語は使わない

放送では、小学生が分かる文章・言葉を使うのが鉄則です。

そして、こういったポイントを踏まえて相手に分かりやすく伝えるためには日々の訓練が欠かせません。

さあ。
今日から、あなたも「相手に伝わりやすい話し方」を意識して訓練をしましょう。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
黄色い花講師紹介はこちら

コース案内はこちら

黄色い花お問い合わせはこちら
announcer★olive.80.fm 
(★を@に変更して送信してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする