自分の頭で考えられるアナウンサーになるために

相澤静アナウンススクール合格実績  合格率90%!

合格者の声はこちらをご覧ください。

 

LINE@始めました!

定期的に開催するランチ会やセミナーの情報などリアルタイムでお伝えします。

ぜひ登録してください。

 

友だち追加

こんにちは晴れ
元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの
相澤静です。

今月は、執筆作業に当てる時間を確保するため、外出の仕事は抑えています。
そんな中、今日は、久しぶりに高校へ出向いて授業をしてきました。

今日の授業のテーマは「就職活動における面接」。
面接試験でよく出題される質問について講義しました。

アナウンサーの試験でも、よく聞かれる質問があります。
なんだと思いますかはてなマーク

ここでは、あえて、その答えはお伝えしません。

なぜなら。
アナウンサーを目指すあなたには、自分の頭で考える人になって欲しいからです。

アナウンサーになると、自分の頭で考えて結論を出さなくてはならない場面が多々あります。
もちろん、最終決断は上司や上の立場の人間が下します。
しかし、一マスコミ人として、あなたが「どう思うかはてなマーク」「どう考えるかはてなマーク」がとても大切なのです。

これは放送していいのかはてなマーク
この表現で傷つく人はいないのかはてなマーク
これを放送することで、みんながハッピーになるのかはてなマーク
・・・etc・・・

放送に携わるときには、常に自問自答をする必要があります。
公共の電波を使って、全国の皆さんにお伝えするのですから。

時には、正解を早く知ることも大切です。
しかし、試行錯誤しながら自分の頭で考えることはもっと大切です。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする