テレビに映るにふさわしい華やオーラ―の作り方~その2~

相澤静アナウンススクール合格実績  合格率90%!

合格者の声はこちらをご覧ください。

 

2冊目の著書発売中!

NHKキャスター・リポーター採用に絶対合格 合格率90%驚異のメソッドであなたの夢を叶えよう!」

→ Amazonで「NHKキャスター・リポーター採用に絶対合格 合格率90%驚異のメソッドであなたの夢を叶えよう!」を見る

 

公式LINEがリニューアルしました!

現在、公式LINEのお友達登録をしてくれた方には、特典として「自己紹介&志望動機の作り方」の動画教材をプレゼント!お友達登録はこちらからどうぞ!

 

また、相澤静アナウンススクール開校10周年を記念してキャンペーンを実施中!

レッスンが体験できる「体験説明会」。通常価格5,000円がお友達登録から5日間限定で特別価格3,000円で受講可能です。

この機会にぜひ、ご登録ください。

友だち追加

こんにちは。

元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤です。

今回は前回の続きです。

「自分がアナウンサーだったら、どんな風に立ち居振舞うか?」を考えて行動した後は、常に研究をしてください。

「この角度は素敵に見えるだろうか?」

「この姿勢は美しく見えるだろうか?」

「この笑顔だと、どうだろう?」

などなど、自分を客観的に見て、一番、美しく見えるポイントを探してください。

私は口を閉じて口角を上げたほほえみがなかなかうまくできなかったので、毎日、鏡を見て研究し練習をしました。

また、猫背気味でしたので美しい立ち方のポイントを学び、それを習得し、鏡の前で何度も練習しました。

アナウンサーやキャスターになったら、360度どの角度から見られるだけでなく、どんなしぐさや動作も見られます。

食リポをするときには食事をする姿を。

箸やお茶碗の持ち方を。

食べ方を。

身体を動かすリポートのときには歩き方や走る姿を。

ゲストの方のお話を聞いているときには人の話を聞いている姿を。

正面から真横から、後ろから、引き、アップ。

とにかく様々な角度から、あらゆるしぐさと動作を撮影され、地上波で県全域に、日本全国に放送されるのです。

そのときに、もしあなたの箸の持ち方がおかしかったり食べ方が美しくなかったり、歩き方や走る姿がおかしければ、すぐに視聴者からクレームが入ります。

今のあなたは、そこまで考えて生活をしていますか?

あなたは、どこからどう撮影されても美しく見える自信がありますか?

相澤静アナウンススクール体験説明会の詳細・申し込みは以下のURLからどうぞ。

http://aizawa-shizu.com/announcer/

<無料相談、随時受付中>
info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)