オーディションのときは姿勢も意識する

こんにちは。

元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

書類審査が通過している人は、毎週、面接が続いていることかと思います。

面接が続くと忘れてしまいがちなのが「姿勢」です。

きれいな姿勢で面接に臨めていますか?

姿勢はあなたの第一印象をかなり左右します。

寒いので猫背になっていたりしませんか?

もし猫背気味になっていると感じたら肩甲骨をグルッと回してみてください。

そして、立つときに肩甲骨を寄せるようにしましょう。

そうすると、胸が開いて前に入っていた肩も後ろに戻ります。

また、面接会場のお化粧室に行ったら、ぜひ実践していただきたいのが次の方法です。

壁を使います。

1. 壁にかかと・お尻・背中・頭をくっつけます

(後頭部の上の方をくっつけると顎が上がるので下のほうをくっつけます)

2. お腹と背中の間の隙間をできるだけくっつけるようにお腹をへこませます

3. 30~60秒、そのままの姿勢を保ちます

4. その姿勢のまま、面接会場に向かいましょう

この方法であなたの姿勢がよくなります。

面接の前にぜひこの姿勢を実践してみてください。

<相澤静アナウンススクール体験説明会、随時開催中>

http://aizawa-shizu.com/announcer/

<無料相談、随時受付中>

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする