アナウンサー合格の秘訣~その2~

相澤静アナウンススクール合格実績  合格率90%!

合格者の声はこちらをご覧ください。

 

LINE@始めました!

定期的に開催するランチ会やセミナーの情報などリアルタイムでお伝えします。

ぜひ登録してください。

 

友だち追加

こんにちは晴れ
元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの
相澤静です。

前回は、受講生の方の経験から合格の秘訣についてお伝えしました。

今回は「なぜ “1現地に赴き、現地の人と話すこと”と“2取材してきた内容をオーディションで自分の言葉で面接官に伝えること”が合格につながるのかはてなマーク」についてお伝えします。

それは・・・・
ズバリビックリマーク
それらがNHKキャスターの仕事だからです。

1自分が興味・関心を持ったものを探し出す
2アポイントメントを取り、取材に行く
3取材結果を元に企画・提案する(提案が通れば、自分で構成を考えてナレーション原稿も考えます)

これらの3つがNHKキャスターの仕事です。

オーディションの前に、これらを経験し、オーディションで話すというのは「私は、入局したら即戦力で使えますよ」とアピールしているも同じなのですキラキラ

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする