【合格実績】NHKキャスター・リポーターに合格しました!

こんにちは。

元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

前回に続き、NHKキャスター・リポーターに合格された方の感想をご紹介します。

DSC_1193

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Q1.相澤静アナウンススクールのレッスンはいかがでしたか?

完全マンツーマンでのレッスンで1回2時間以上、講義・演習をしてくださるので、毎回大満足の内容でした。

面接の様子をビデオで撮ってくださるので、自分の姿を客観的に見ることができ反省になりました。

また、ニュース原稿は受験する都道府県に合ったタイムリーなものを用意してくださるので、面接時も現地に持っていき練習教材にしていました。地名や固有名詞に慣れることで本番も安心してニュース読みに臨むことができました。

面接の受け答えでは、一つ一つにアドバイスをしてくださりさらに深掘りすべき点などがわかりました。

また、スカイプやメールで、アナウンス受験以外の日常会話をしたり、先生の経験談をお聞きしたりするのも気分転換になりとても楽しかったです!

 

Q2.レッスンの中で特に印象に残っていることや役に立ったことはありますか?

相澤先生とのエピソードは沢山あるのですが「日常の中にアナウンス受験があると思ってね!」という言葉が印象に残りました。

ついアナウンス受験のことを一日中考えてしまって、例えば友人と外出や自分の趣味をするだけでも罪悪感を感じてしまっていた時期もありました。

しかし先生のその言葉のおかげで「メリハリをつければいいんだ!」と考えが変わり、外出の際も景色や季節感にアンテナを張ってみたり、人とも会話一つ一つを大切にしたりしました。「受験をしている今だからこそ沢山外に出てネタ集めをすることが大事だ!」と思い、いくつかの短期アルバイトや日帰り一人旅にも挑戦しました。

その結果、初対面の人と話すのにも抵抗が少なくなり、毎日わくわくして過ごす事ができました。

NHKのキャスター試験の書類作成や面接ラッシュの時期こそ「日常」の部分を大切にしました。

 

Q3.レッスンを受講する前と後では、なにか変化はありましたか?

受講前は、NHKキャスターになりたいけれど自分にあまり自信がありませんでした。

民放局の書類もことごとく不通過で、アナウンス受験に対して不安を抱えていました。

私は元々アナウンサー志望というよりも「NHKの」キャスター志望だったので、今の段階(6月頃)から何をしていけばいいのか行動面でも迷っていました。

受講後は、相澤先生の「Mさんは合格すると思っているよ!」「次があるし、まだ大丈夫ですよ!」といった前向きな言葉に励まされ、心折れずに最後まで受験することができました。

キャスター試験が始まって、書類が一度通らなくなってしまった時も一緒に解決策を考えてくださり、心強かったです。

受験当日の朝にメールをくださったことも嬉しかったです!

「いい報告ができるように頑張ろう!」という気持ちが強まったことで、行動面も自然に、書類を丁寧に書く、面接練習をレッスン外でもする、受験地のことをたくさん調べるという風に変わりました。ありがとうございました!


Q4.最後にメッセージをお願いします。

全国どこにいてもスカイプでレッスンが受けられることが魅力です。

相澤先生は、世界一生徒思いなアナウンススクールの先生です!

二人三脚で歩んでくださること、質問したことに的確に答えてくださること、

1人だったら不安なアナウンス受験も先生と二人なら心強かったです!!

面接が苦手な人、書類がなかなか通過しない人、まずは体験レッスンを受講してみてください♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

彼女は新卒で去年のキー局の採用試験からアナウンス受験をしていました。

合格先は、公表できる時期になったらこのブログでご紹介します。

相澤静アナウンススクール体験説明会の詳細・申し込みは以下のURLからどうぞ。

http://aizawa-shizu.com/announcer/

<無料相談、随時受付中>

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする