NHK地方局アナウンサーのメリット~その2~

こんにちは晴れ
元NHKアナウンサー・相澤静アナウンススクールの
相澤静です。

今日は、NHK地方局で働くことのメリット~その2~についてお伝えします。

NHKで6年間働いた経験から言えることなのですが
NHKでは、番組制作に時間をかけることができます。

ニュースはスピードが命ですので
その日のうちに取材・撮影して放送が当たり前です。
しかし、番組制作はというと、アナウンサーやディレクターによって
いかようにも時間をかけることができるのです。

番組を制作するときには「なぜ今、この話題を取り上げるのかはてなマーク」がとても重要です。
一番いい旬のときに、その番組をNHKで放送する意味。
それが問われるのです。

私は、長いもので3ヶ月ほど取材に費やしました。
新聞記事で、その話題を見つけてから最初に取材をさせていただき
何度かお話をお伺いするうちに
「これを紹介する時期は今じゃないな」と思ったのです。

そして、放送に一番ぴったりな時期を選び
3ヶ月後に生中継をすることにしたのです。

3ヶ月も取材に通うと、皆さん方ともだいぶ親しくなります。
取材にお伺いする度に、色々なお話を話してくださり
時には一緒にお食事をすることもありました。

深く皆さんと関っていくうちに、自分自身の思いも徐々に強くなっていきます。
「この話題は、絶対におもしろいと思うビックリマーク
ぜひ、視聴者の皆さん、地域の皆さんに知ってほしいビックリマーク
そんな熱い思いに変わるのです。

そして、何ヶ月も通いつめて出来上がったストーリーが無事に終了したときの充実感はなにものにも代えがたいのです。

アナウンサーを目指しているあなたにも、こんな、NHK地方局のメリットを体感していただきたいです流れ星

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
黄色い花講師紹介はこちら

コース案内はこちら

黄色い花お問い合わせはこちら
announcer★olive.80.fm 
(★を@に変更して送信してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>