既卒のあなたへ

こんにちは晴れ
元NHKアナウンサー・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

今日は、私の思いを伝えたいと思います。

今、このブログを読んでくださっている方の中には「学生時代にアナウンサーを目指したけれど内定しなかった。だから、当時内定をいただいた一般企業で働いている。でも、テレビ画面に出てくるアナウンサーの姿を見ると、アナウンサーになりたいという思いが出てきてしまう。この思い、どうしよう・・・・はてなマーク」そう思い悩んでいる方もいると思います。

実際に、私がアナウンサーを目指してアナウンサー養成スクールに通っていた頃、「学生時代にアナウンサーを目指していました」と言って、アナウンススクールに入学して来る方が多かったです。
皆さんは「このままアナウンサーになれずに終わるのは嫌だと思った。やっぱりアナウンサーになってみたいと思った」と言っていました。

私自身も既卒で26歳のときにアナウンサーになるという夢を叶えました。
当時、新卒でアナウンサーになるのが一般的で、周りには何年もアナウンサー試験を受け続けている人はいませんでした。

でも、「アナウンサーになってみたい。小学生のときから思い描いていた夢を諦めたくはない。」
そう思い、アナウンサー試験を受け続けていました。

アナウンサー試験を受けていて「既卒者」ということがネックになったことはありませんでした。
大学を卒業してから、より本気で夢に向かって取り組んでいましたので、放送の経験を積むためにケーブルテレビ局でアルバイトをしたり、コミュニティラジオ局でボランティアスタッフとして中継リポーターの仕事に携わったり、人前で話す練習のためにツアーガイドのアルバイトをしたり・・・という生活をしていました。
肩書は、いわゆる「フリーター」です。

そういったフリーター生活をしながら、このブログで日々お伝えしている内容を実践し、全国の放送局を受けに受けまくって、アナウンサーの内定をいただきました。

振り返ると、あのとき、アナウンサーの夢をひたすら追いかけていたときほど人生で必死になったことはありませんでした。
あのときの努力があったからこそ「有名大学卒業でもない」「ミス○○でもない」「帰国子女でもない」「容姿端麗でもない」「放送局にコネもない」・・・etc・・そんな、ないない尽くしの私でもアナウンサーになることができたのです。

必死になって努力を続ければ、絶対に夢は叶います。
「夢なんて叶わない」そういう人は、必死に努力していないからです。
どこかで「私なんて無理だろう」そう思っているからです。
できない理由ばかり並べているからです。

不合格通知が届く度、何度も何度も諦めようとした「アナウンサー」。
でも、私は、どうしてもアナウンサーになりたかったのです。

努力だけで「アナウンサーになる」という夢を叶えました。
人より時間はかかりましたが、本気で取り組めば「叶わない夢はない」と実感しました。

もし、今、あなたがモヤモヤした気持ちでいるなら、一度、お気軽にご連絡ください手紙

26歳、既卒でアナウンサーになった私だからこそ、あなたの気持ちが分かります。
全力であなたの夢を応援します。
一緒に夢を叶えましょうキラキラ

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
黄色い花講師紹介はこちら

黄色い花コース案内はこちら

黄色い花お問い合わせはこちら
announcer★olive.80.fm 
(★を@に変更して送信してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>