アナウンサーになってからも通用するマナーを身に付けませんか?

こんにちは晴れ
元NHKアナウンサー・相澤静アナウンススクールの
相澤静です。

今日は、自治体の新入社員研修でした。

各地域で働く新入社員の方々が一同に介しての研修。
私は一クラス50人を担当しました。
皆さん、モチベーション高く、真剣に授業を聞いてくださいました。

私は、新入社員研修では、特に以下の2つのことをお伝えしています。

1「マナー」とは、相手のことを思えば、どんな立居振る舞いをすればいいのかが分かる
2「マナー」とは、自分の頭で考えてできるようになって初めて身に付いたと言える

多くの新入社員の方々は「マナーはルールだから、それをすればいい」と思いがちです。
しかし、そこに相手を思いやる心がなければ意味がないのです。

相手が不快な思いをしないようにどうしたらいいのかはてなマーク
相手が気持ちいい空間を作るにはどういう風に振る舞えばいいのかはてなマーク
どんなお願いの仕方をすれば、相手は快く引き受けてくださるのかはてなマーク

NHK時代には、常に「相手を思いやること」を考えながら仕事をしていました。

「相手を思いやること」こそが「マナー」です。

「マナー」は本やインターネットに書いてあることを読んだだけでは身に付きません。

相澤静アナウンススクールでは、一般的なマナーの基本+放送の現場で培ったマナーについてお教えてしています。

オーディションのときに面接官に「お、感じがいいね」と思われ、アナウンサーになってからも通用するマナーを学びませんかはてなマーク

あなたからのご連絡、お待ちしていますひらめき電球

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
黄色い花講師紹介はこちら

コース案内はこちら

黄色い花お問い合わせはこちら
announcer★olive.80.fm 
(★を@に変更して送信してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする