アナウンサーになる近道は「訓練を重ねること」

こんにちは晴れ
元NHKアナウンサー・相澤静アナウンススクールの
相澤静です。

今日は、社会人向けのコミュニケーション講座でした。
毎年、4月~6月の3ヶ月間は、社会人の方々に向けた講座を開催していますニコニコ

コミュニケーションを学ぼうという方々は意識が高い人が多いですね。

私のコミュニケーション講座では、実際に人前で話す訓練をたくさんしていただきます。

アナウンサーや司会者など人前で話すことを仕事にしている人たちは、元々人前で話すのが上手だと思われがちです。しかし、実際はそういう人の方が少ないかもしれません。

私も、実は、人前で話すのが苦手でした。
緊張して、緊張のあまり何を話したのか分からなくなったり、早口になったり、口の中がカラカラに渇いて呂律が回らなくなったり・・・。
挙げればキリがありません(笑)。

それでも、小学6年生の頃にテレビで見たアナウンサーのキラキラした姿が忘れられず「私はアナウンサーになる!!」と思ったのです。

アナウンサーになるべく、日常生活で徐々に人前で話す機会を増やしていき、少しずつ人前で話すことにも慣れてきました。

大学生になってから通い始めたアナウンサー養成スクールでも訓練を重ねました。

しかし、オーディションに自分の一世一代の夢がかかっているかと思うと、緊張してしまい、なかなか面接官の前で堂々と話ができず・・・。
何度も何度も悔しい思いをしました。

アナウンサーになるまで人より少し時間がかかりましたが、人前で話す訓練を何百回も重ね「人前で話すプロ=アナウンサー」になりました。

訓練を重ねれば、プロになれるのです。

もし今、あなたが思い通りの結果が出ていないとしたら、それは訓練が足りないのかもしれません。

もう一度、自分自身を振り返ってみてください。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
黄色い花講師紹介はこちら

コース案内はこちら

黄色い花お問い合わせはこちら
announcer★olive.80.fm 
(★を@に変更して送信してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする