アナウンサーになるために「自分の言葉で伝えること」が大切です

こんにちは晴れ
元NHKアナウンサー・相澤静アナウンススクールの
相澤静です。

今日は、高校の面接指導でした。
第一印象の大切さと面接の受け答えのポイントを説明しました。
そして、私が面接官役になって模擬面接をしました。

このブログでもしつこいくらいお伝えしていますが(笑)
相手に話すときには「伝える」思いをしっかりと持つことが大切だ
高校生の皆さんにもお伝えしています。

面接指導の際には、あらかじめ質問する内容を
お伝えしているのですが
中には、用意をしてこなかったという人も数人います。

しかし、一生懸命、自分の中で伝えたいことを探し
詰まりながらも考えながらも、
しっかり最後まで自分の言葉で伝えようとする姿は
とても好感が持てますニコニコ

オーディションで面接官の質問が意図しないことだったとき。
言葉に詰まったら、まずは落ち着いてください。

そして、どんな言葉で、どんな風に話したらいいのかをよく考えてみてください。

もし、うまくまとめられないようなら
「うまくまとめられていないかもしれませんが・・・」と前置きをして
話しましょう。

もちろん、アナウンサーには瞬発力が求められますので
ずっと悩んでいて言葉が出てこないのはNGですが
ある程度、考えて言葉を発するのは問題ありません。

一生懸命考えて、自分の言葉で伝えようとすること。
それが大切です。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
黄色い花講師紹介はこちら

コース案内はこちら

黄色い花お問い合わせはこちら
announcer★olive.80.fm 
(★を@に変更して送信してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>