【無料相談】具体的な解決方法やイメージが浮かぶようになりました。

こんにちは。

NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

最近は新卒の方からの相談が多いです。

昨日も新卒でアナウンサー試験を受けている方とのskype相談でした。

感想をいただきましたので、ご紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Q1.無料相談をする前とした後、どんな気持ちの変化がありましたか?

A.無料相談をする前は就職活動がなかなかうまくいかず、とにかく不安で落ち込んでいる状態でした。ですが、無料相談をさせていただいたことで「まだこんなにやるべきこと、できることがあるんだ!」と気付くことができ、前向きになれました。

Q2.あなたのお悩みや不安はどんなことでしたか?それらは解消されましたか?

A.面接でうまく自分をアピールできないこと、志望動機の掘り下げ方、実際のアナウンサーのお仕事についてなど、悩みはたくさんありました。ですが、お話を伺ったりアドバイスをいただいたことで、それぞれについて具体的な解決方法やイメージが浮かぶようになりました。

Q3.無料相談で印象に残っていることはありますか?

A.「入社後にアナウンサーとして局で活躍するイメージを面接官にうまく伝えられていない」というご指摘をいただいたことです。具体的にどんな視点を持つことが必要かということも教えてくださり、とても勉強になりました。

Q4.無料相談をしようかどうか迷っている人がいたら、あなたはどんな言葉をかけますか?

A.きっとやる気が出て前向きになれると思います。ぜひお願いしてみてください。

Q5.また、機会があったら相談したいと思いますか?

A.思います。よろしくお願いいたします。

Q6.最後に。もし相澤に伝えたいことがありましたらお願いします。

A.今日はお忙しい中、ありがとうございました。全ての質問に丁寧に答えていただき、とても勉強になりました。ぼんやりと不安な状態から一歩踏み出すきっかけになったように思います。

今までたくさんのアナウンススクールを経験してきた私ですが(笑)、相澤先生ほど親身に具体的なアドバイスをくださった講師の方はこれまでいませんでした。

今回の無料相談で学んだことを糧に今後のアナウンサー試験に臨んでいきたいと思っています。本当にありがとうございました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Mさんは大学4年生。

地方局の試験も受けているけれど、なかなか一次面接を突破できないと悩んでいました。

これまで年十局も応募したのに結果が出ないことに焦ってもいました。

無料相談でお話をすると、かつて私が悩んでいたことと同じことで皆さんも悩んでいます。

だからこそ、気持ちもよく分かります。

そして、試行錯誤して、4年間アナウンサー試験を受け続けてNHKキャスターになり、放送の現場でプロとして伝える仕事をしてきました。

だからこそ、どうやったらその悩みが解決できるのかも知っています。

これを読んでいるあなたも「これはどうしたらいいのだろう?」と悩んでいたり「本当にアナウンサーになれるのかな?」と不安に思っていることがあれば、お気軽にご連絡ください。

あなたのお役に立てるのであればとても嬉しいです。

<無料相談、随時受付中>

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする