2016年度NHKキャスター・リポーター試験合格の秘訣セミナー詳細~その2~

こんにちは。

元NHKアナウンサー・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

今日は、第二部の内容をお知らせします。

~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆

1.NHKキャスター・リポーター合格のための「第一印象UPのポイント」

  ~あなたの第一印象を30%アップさせる方法を学べます~

  第一印象は3秒から7秒で決まると言われています。

  そして、アナウンサー採用試験では「入室したときに既に合否が決まっている」とも

  言われます。

  NHKキャスター・リポーターとして合格するためには、この第一印象を磨くことが必須です。

  このパートでは「第一印象は何で決まるのか?」「どうしたら、第一印象がさらに

  よくなるのか?」を柱に第一印象の重要性と第一印象がよくなるポイントを説明します。

2.NHKキャスター・リポーター合格のための「ニュース読みのポイント」

  ~合格しやすいニュース読みかどうかをチェック!~

  キャスター・リポーターの仕事のひとつに「ニュース読み」があります。

  オーディションでは、このニュース読みの力も評価されます。

  ニュースを伝えるためにNGな読み方があるのをご存知ですか?

  「ある癖」がある方は採用されにくいです。

  このパートでは、実際にNHKで使用されているニュース原稿を読んでいただき、

  あなたのニュース読みにその「ある癖」があるかどうかをチェックします。

  2000本以上のニュースをお伝えしてきた経験から

  キャスター・リポーターとして合格しやすいニュース読みのポイントをお伝えします。

3.NHKキャスター・リポーターになるための「自己PRのポイント」

  ~あなたらしさがキラリと光る自己PRの作り方~

  キャスター・リポーターオーディションで必ず聞かれる「自己紹介」。

  あなたは「自己紹介」と「自己PR」の違いを明確に答えられますか?

  あなたはいくつ自己紹介の話題を持っていますか?

  オーディションでは、面接官が様々な角度で質問をします。

  そのため、自己紹介は最低3つ必要です。

  このパートでは、多くの受験生の中から、あなたが選ばれる自己紹介作成のポイントを

  お伝えし、自己紹介の話題の探し方についても解説します。

  4年間、全国の放送局のアナウンサー試験を受けた経験から得た

  「面接官の記憶に残る自己PRの仕方」を伝授します。

~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆

第二部のでは、すべての項目に関して、ひとりひとりにフィードバックいたします。

あなたの今の面接力がどのくらいなのかを知りたくありませんか?

少しでも興味・関心のある方は、こちらもご覧ください。

http://aizawa-shizu.com/announcer/

私の思いも書いています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする