アナウンサー試験は「粘り勝ち」です!

こんにちは。

NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

だいぶ間が空いてしまいました。

このところ企業の方からの社員研修のご依頼が多く、なかなかブログを更新する時間が取れずにいました。

少し落ち着いたので、これからまた情報をお伝えしていきますね。

さて。

相澤静アナウンススクールでは、受講中に内定をした場合、残っているレッスンは受講生の希望に応じた内容にしています。

例えば。

現場で通用するようにニュース原稿読みのレッスンにする。

入局してからの不安を解消するための相談にする。

キャスター・リポーターとしてのキャリアをどう築いていくかの相談にする。

などなど受講生の希望を聞き、その内容でプログラムを組み立てています。

先日、レッスンが残っていたスクール生とskypeレッスンをしていたときのこと、こんなことがありました。

ちょうどレッスンの最中にお友達からメールがきたそうなのですが、そのお友達は、ずっとアナウンサー試験を受け続けていました。

そのお友達が内定したと!

しかも、その日は2月29日でした。

「ずっと一緒に地方局のアナウンサー試験を受けてきた友達だから、すごく嬉しい!」

彼女はそう言っていました。

彼女もお友達も大学4年生。

大学を卒業することも決まっていました。

よく「アナウンサー試験は粘り勝ちだ」と言われます。

そうなんです!

私もNHK室蘭放送局から内定をいただいたのは1月26日でした。

最後の最後まで諦めずに受け続けた人がアナウンサーになるのです。

内定をいただく時期は人によって違います。

あなたも最後の最後まで諦めずに受け続けたらアナウンサーになれます。

絶対に諦めないでください。

■ご質問はこちらまで。

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする