アナウンサー採用試験の面接を楽しめません。

こんにちは。

NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

昨日「面接を楽しんで受けましょう」とお伝えしたところ、早速、こんなお悩みが届きました。

「相澤先生のおっしゃることはよく分かったのですが、どうしも面接は緊張してしまって楽しむことができません」

その気持ち、分かります。

かつての私もそうでしたから。

では、どうやって私は面接を楽しめるようになったのか?

それは・・・・

とにかく思いつく限りの努力をした結果、面接を楽しむ余裕が出てきたのです。

笑顔が自然にできなかったので鏡を見て笑顔の練習をしたり。

毎日、滑舌練習をしたり、ニュースを見て意見をまとめたり。

番組やアナウンサーの研究をしたり。

面接で話す話題を作るために色々なイベントに参加したり。

人前で話す練習をするために司会に挑戦してみたり。

・・・・・・

とにかく思いつく限りの努力をしました。

そうすると、少しずつ「自信」が付いてくるのです。

「自信」が付いてくると、次第に面接を受けるのが楽しくなってきます。

面接も客観的に見ることができるようになってきます。

スクール生やセミナー受講生にこの話をすると「それは相澤先生だったからできたのであって、私にはできません」と言う方もいます。

いいえ。

私だからできたのではありません。

合格した人、アナウンサーになった人は、皆そうなのです。

2012年からアナウンススクールを運営していますが、合格した方々の共通点は「思いつく限りのあらゆる努力をした」ということです。

その努力の形は人それぞれですが、皆さん、面接を楽しんで受けていらっしゃいます。

このブログを読んでいるあなた。

まずは、今日からできる努力をしてみてください。

そして、毎日ひとつずつ、できる努力を重ねてみてください。

そうすることで、段々、面接を楽しんで受けられるようになってきますよ。

■ご質問はこちらまで。

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする