キャスターオーディションに合格するための○○ノートの使い方

こんにちは。

元NHKアナウンサー・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

前回は面接ノートについてお伝えしました。

今日は、あなたが作成した面接ノートの活用の仕方です。

面接ノートを作成したら、面接時の質疑応答が

「面接官と会話になっているかどうか?」を見てみてください。

長々と演説をしてはいませんか?

逆に一問一答になっていませんか?

面接官の質問に的確に答えられていますか?

答えに余計な一言をつけてはいませんか?

会話のキャッチボールができていますか?

面接は、自己アピールの場でもありますが一番見られているのは「コミュニケーション力」です。

面接官は様々な質問をしながら、あなたのコミュニケーション力を見ています。

面接で演説のように長々と語ってしまうのもNG。

ひとつの質問に対して「はい」「いいえ」の一言で終わるのもNG。

程度に面接官と会話ができないといけません。

さあ。

面接ノートを見返して、会話ができているかどうかチェックしてみてください。

もし会話ができていなければ、それがあなたの面接の敗因のひとつです。

次回からはきちんと会話をするためにどうしたらいいか、もう一度、考えてみてください。

■ご質問はこちらまで。

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする