NHKキャスターに求められるニュース読みとは?~既卒者がNHKキャスターになるために~

こんにちは。
元NHKアナウンサー・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

5月から定期的に開催している「NHKキャスター・リポーター試験“合格の秘訣セミナー”」ですが、これまで多くの方にご参加いただきました。

アナウンススクールに通った経験のある方や、現在まさにスクールでレッスン中の方、まったくアナウンススクールに通ったことのない方と実に様々な方々に参加していただきました。

今日、お伝えしたいのは「かつてアナウンススクールに通っていた」もしくは「現在スクールで学んでいる」あなたへのメッセージです。

あなたのニュース読みは、NHKキャスター向きですか?

民放が運営するスクールや先生が民放出身のアナウンサーの場合、当たり前ですが指導は「民放のアナウンサー」の指導になります。

民放の試験をクリアするニュース読みとNHKキャスター・リポーター試験をクリアするニュース読みは、そもそも根本から違います。

民放のアナウンサーに教わったニュース読みでNHKキャスター・リポーター試験を受けると不合格になる可能性が高いです。

これまでお会いした方で、民放のスクールに通っている方全員に見られた「ある共通点」。

NHKキャスター・リポーター試験では致命的です。

もしあなたが「民放のアナウンサーに習っているから大丈夫」と思っているのだとしたら危険です。

これまで参加された方全員が「民放のアナウンサーとNHKキャスター・リポーターに求められるものの違いがはっきりと分かった」という感想を言ってくださっています。

あなたも、その違いを知りたくありませんか?

お一人おひとりのニュース読みもフィードバック&ミニレッスンをいたします。

今年度最後のセミナーです。

2016年度NHKキャスター・リポーター試験 合格の秘訣セミナーは11/3(祝)10:00~です。

詳細・お申し込みはこちら。

http://aizawa-shizu.com/announcer/

本当に後悔しない人生を歩みませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする