既卒者がNHKキャスター・リポーターになるためには~第一印象の重要性~

こんにちは。
元NHKアナウンサー・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

10月も半ばになり、NHKキャスター・リポーター試験ももうすぐ本格化する季節です。

書類を書くのが忙しくてオーディション対策が疎かにならないように、今準備できることは準備していきましょう!

今日のテーマは「第一印象」です。

人が初めて人に会ったときに「この人って、きっとこんな人なんだろうな」と判断するのが「第一印象」です。

その「第一印象」を決める時間は、どのくらいだと思いますか?

正解は・・・

3~7秒だと言われています。

あっという間の時間ですね。

オーディションで言うならば、ドアをノックして開けて入ってくる時間です。

その間にあなたの第一印象が決まってしまいます。

この第一印象で面接官に好印象を持ってもらえなければ、どんなに志望動機がしっかりしたものであっても、ニュース読みがうまくても合格は難しくなってしまいます。

それでは「第一印象」は、なにで決まると思いますか?

一般的には、次の3つで決まると言われています。

1.視覚情報 

2.聴覚情報 

3.話の内容

1の「視覚情報」は「見た目」です。

ここで言う「見た目」というのは、容姿良し悪しではなく、その人の持つ雰囲気のことです。

「感じが良さそう」

「優しそう」

「誰からも好かれそう」

そういう印象のことです。

2の「聴覚情報」は、話し方です。

そして、3の「話の内容」はその通りです。

次回は、1の「視覚情報」について、もう少し詳くみていきます。

あなたは自分の第一印象に自信がありますか?

あなたの第一印象を30%アップさせる方法を学べるセミナーを開催します。

・10/25(日)10:00~15:00

・11/3(祝)10:00~15:00

ともに都内での開催です。

過去に参加された方の感想をご紹介します。

■既卒25歳 Aさん

セミナーの中で一番役に立ったのは、自分の姿をカメラで見たことです。身体は揺れている、猫背、声は低くて暗いなど様々な欠点があることが分かりました。

■新卒21歳 Sさん

セミナーの中で一番印象に残ったのは、第一印象UPのためのレッスンです。お辞儀ひとつでこんなに印象が変わるとは思ってもいませんでした。

セミナーでは、ビデオカメラの前での模擬面接を通して、あなた第一印象を30%アップさせるコツやポイントをお伝えします。

大手のアナウンススクールでは、あなたの第一印象について、細かくフィードバックしてくれますか?

相澤静アナウンススクールでは、おひとりお一人の第一印象について、詳しくフィードバックします。

セミナーの詳細は、こちらです。

http://aizawa-shizu.com/announcer/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする