NHKキャスター・リポーターオーディションの前日の過ごし方

こんにちは。

元NHKアナウンサー・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

突然ですが、あなたは、オーディション前日、どんな風に過ごしますか?

最後の追い込みだから、日付が変わるまで面接の練習をする?

その土地の勉強がまだまだ足りてないから、インターネットで情報収集をトコトンする?

自己PRがいまいちだから、遅くまで起きていて練り直す?

それとも、おいしいものを食べてのんびり過ごして、いつもより少し早めに寝る?

オーディション前日は、自分が一番リラックスする方法で時間を過ごしましょう♪

夜中まで自己PRを練り直したり、面接の練習をして寝不足なんていうのは絶対にやめましょう。

なぜなら、オーディションでは、とびきりキラキラしたあなたの姿を面接官に見せなくてはいけないからです。

よく、オーディション(面接)は「お見合いと一緒」と例えられます。

お互いの第一印象から始まり、会話をして、お互いが求めているものが合致するかどうか。

お互いが求めているものが同じで、お互いがハッピーになるのであれば「合格」。

どこか違和感があれば「不合格」なのです。

オーディションでは、第一印象がかなりの確立で合否を左右します。

もしあなたが寝不足で、目の下に隈があって、顔も浮腫みがちで、目が充血していたら?

その上、緊張でガチガチになっていて笑顔が全くないとしたら?

あなたの第一印象はどうでしょうか?

オーディション当日は、これまであなたが努力してきたことをしっかりと面接官に伝える場です。

今までで一番キラキラと輝いているあなたで行きましょう。

そのために、オーディションの準備は遅くとも夕方までには終わらせて、夜はリラックスをして過ごしましょう。

好きなアロマを焚くもよし。

好きな入浴剤を入れてお風呂に浸かるもよし。

夕飯では好きなワインを一杯だけ飲むもよし。

自分が一番心地よく過ごせる工夫をしましょう。

★2016年度 NHKキャスター・リポーター試験 合格の秘訣セミナーを開催します。

↓ 詳しくは 下記のURLをクリックしてご覧ください

http://aizawa-shizu.com/announcer/ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする