アナウンサーになるために「自己PR」の図式を変えましょう

こんにちは晴れ
元NHKアナウンサー・相澤静アナウンススクールの
相澤静です。

今日は、私の失敗談から、自己PRをテーマにお伝えします。

4年間もアナウンサー試験を続けていると、失敗は数知れず(笑)。
今では「そういうことをしているから受からなかったんだ」と過去の自分にダメ出しができますが、当時はなにが良くてなにがダメなのか、自分でもよく分かりませんでした。

志望動機も悩みましたが、意外にも苦戦したのが自己PRでした。

「自己PR」=「自分をアピール」=「自分を売り込む」

私の頭の中では、こういう図式になっていたので、とにかく「売り込めるもの」を探すのに必死でした。

・社交的
・親しみやすい
・コツコツと努力する
・好奇心旺盛
・コミュニケーション能力がある
・・・etc・・・

自分が売り込めるものを探し出し、一生懸命、ストーリーを作りました。

しかし。
結果は惨敗。
なかなかオーディションが通過しません。

一体、なにがダメなのか。
もはや自分では判断がつきません。

それでも、オーディションを受ける日々が続いたので、よく分からないながらも自己PRを練り直してオーディションを受けていました。

不合格が続いても、私は自己PRを作ることをやめませんでした。
今はよく分かっていなくても、あるとき、分かるときがくるのではないか・・・。
そう思っていたからです。

そして、実際に、そのときがきましたひらめき電球

あるとき、ふと
「あれはてなマーク自己PRって、こういうことなのかなはてなマーク
そう思った瞬間があったのですひらめき電球

「自己PR」=「自分をアピール」=「自分を売り込む」

ではなくて

「自己PR」=「私って、本当はこういう人間」=「面接官がイメージできる人間像を語ること」

そういうことだと気が付いたのです。

この図式に気付いてからは、オーディションを受けることが楽しくなってきましたニコニコ
そして、少しずつ手応えも感じるようになってきたのです。

NHK室蘭放送局に合格したときのオーディションでは、自分の売り込みは一切しませんでした。

どんな質問を振られても「私って、本当はこういう人間なんです」というのを面接官がイメージできるエピソードで語ったのです。

あなたも「自己PR」の図式を変えてみてください。

そうすると、見えてくるものがありますよ音譜

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
黄色い花講師紹介はこちら

コース案内はこちら

黄色い花お問い合わせはこちら
announcer★olive.80.fm 
(★を@に変更して送信してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする