書類審査突破の鍵その1:作文はあなたのオリジナルで勝負!

こんにちは。
元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

続々とNHKキャスター・リポーターオーディションが始まりましたね。

前回お知らせした「相澤静アナウンススクール体験会 http://aizawa-shizu.com/announcer/ 」への参加申し込みやご相談のメールもいただいています。

もしこれを読んでいるあなたが「興味はあるけれど、書類審査が通過したら面接がある」というので悩んでいらっしゃるのであれば、まずは一度、ご連絡ください。

さて。

今日から数回に分けて、NHKキャスター・リポーター試験合格に向けての情報を発信していきます。

1回目の今日は「作文」についてです。

今、出ている放送局の作文のテーマを見てみましょう。

・今、関心のあるニュース(400字以内) NHK大阪

・放送で伝えたいこと(400字程度) NHK宇都宮

・私が宮崎で伝えたいこと(400字以内) NHK宮崎

・福島放送局で取り組みたいこと(400字程度) NHK福島

・沖縄でどんなことを目指したいか(400字以内) NHK沖縄

変り種ですと

・いばらき(400字程度) NHK水戸

・私が克復してきたこと(400字以内) NHK松山

などです。

私が受験していた10年以上前は、文字数も放送局によって200~800字と幅広かったのですが、最近は大体400字になっていますね。

作文のテーマを見たあなたは、どんな話題で書き上げますか?

もう募集は締め切ってしまいましたが、NHK広島局のテーマは「私の伝えたいニュースとは」でした。

あなたはなにを話題にしましたか?

時事ネタにしたりしませんでしたか?

「ニュース」だから世間一般的なニュースを選ばなくちゃいけないのよね・・・なんて思ったりしませんでしたか?

もしそうだとしたら、あなたの書類通過は難しいかもしれません。

なぜなら。

時事ネタや世間一般のニュースはあなたのオリジナルではないからです。

面接官に読んでもらえる作文はあなたのオリジナルの話題であることが必須です。

あなたのオリジナルの話題だからこそ、面接官は興味を持ちます。

面接に呼んでみよう、会ってみようと思うのです。

書類審査で20人前後に絞られます。

あなたの書いた作文は、その20人に選ばれる作文になっていますか?

まだ今年のオーディションは始まったばかりです。

今、作成中の作文があったら、ぜひ話題の見直しをしてみてください。

まだ若干お席に余裕があります。

■相澤静アナウンススクール体験会

http://aizawa-shizu.com/announcer/

もし「アナウンサーに興味がある」というお友達がいる方はシェアをしていただけると嬉しいです。

<無料相談、随時受付>

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする