既卒で社会人のあなたがアナウンサーになる方法

こんにちは。

元NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

昨日の記事で「動きがな今こそコツコツと準備しましょう」とお伝えしましたが、今日は社会人のあなたにお勧めの準備についてお伝えします。

それは・・・・

「仕事の棚卸し」です。

今、社会人として働いているあなたは、日々の仕事でどんなこと気を配っていますか?

仕事の効率化のために工夫したところはありますか?それはどんなところですか?

仕事で培った能力はなんですか?

仕事で得たものはなんですか?

・・・・etc・・・・

普段、このようなことを考えて仕事はしていませんよね。

そんな時間も取れないかもしれませんし、そこに意識が向いていないかもしれませんからね。

でも、企業の動きが止まっている(あなたの会社の動きも止まっている)今の時期であれば、時間も取れるし、意識を向けることができますよね。

私はこのブログで「放送業界の経験を積みましょう!」とお伝えしています。

なぜなら。

面接官が「この子いいな」と思う子が2人いたとして、一人は社会人経験はあるけどサービス業、一人はケーブルテレビ局で番組制作の仕事をしていた・・・

そんな2人のうちどちらかを選ばなくてはならないときには、即戦力として使えるほうを採用する可能性が高いからです。

そういったことがあるので、私は「できるだけ放送業界の仕事のキャリアを積みましょう」と言っています。

しかし、放送業界の仕事をしていることが絶対条件ではありません。

放送業界の仕事の経験がなくてもNHKキャスターになれます。

どんな業界のどんな仕事でも、あなたが「これがNHKキャスターとして活かせるキャリアです!」と胸を張って言えるものがあれば充分なのです。

残りの8月、ぜひ仕事の棚卸しをしてみてください。

あなたのアピールポイントや志望動機に繋がるものが見つかりますよ。

<無料相談、随時受付>

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする