アナウンサー合格の秘訣

こんにちは晴れ
元NHKアナウンサー・相澤静アナウンススクールの
相澤静です。

今日は、相澤静アナウンススクールで学び、念願のNHKアナウンサーになった受講生の経験から合格の秘訣をお伝えしますニコニコ

受講生のMさん、26歳。
大学生のときから、アナウンサーを目指して全国の放送局を受けていました。

彼女は、何度かアナウンサーを諦めたのですが「やっぱりアナウンサーになりたいんです!!全国の放送局を回ってでも、なりたい!!」という熱い思いで、私のスクールの門を叩きました。

以前、このブログでもお伝えしましたが、時間が許すならば、オーディションの日は、事前に現地に行って色々と取材することをお勧めしています。

彼女は、本気でこの年のアナウンサー試験にかけていました。
ですので、私がお伝えした「現地に足を運ぶこと」を徹底的に行っていました。

インターネットや雑誌などで、その土地の観光地や名物などを探し、そこから自分が興味・関心のある分野をピックアップします。
そして、時間が許す限り回り、現地の人に話を聞きます。

彼女が内定をいただいたNHK地方局ですが、その土地に彼女には縁もゆかりもありません。
家族・親せき・友人はもちろんいません。

だからこそ、地元のライバルに勝つためにも「現地を回ること」「現地の人に話を聞くこと」が大切になってくるのです。

Mさんは、オーディション当日、地元で盛んな産業の職人さんのところを訪ね、お話を聞いたそうですメモ
そして、オーディションで、その職人さんを訪ねた話をしたそうです。

内定の連絡を受けたとき、その放送局の方が「オーディションのとき話していた職人さんのような人を、今後も取材して欲しい」とおっしゃったそうですキラキラ

アナウンサー合格の秘訣は、
1現地に赴き、現地の人と話すこと
2取材してきた内容をオーディションで自分の言葉で面接官に伝えること

この2つですひらめき電球

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
黄色い花講師紹介はこちら

黄色い花コース案内はこちら

黄色い花お問い合わせはこちら
announcer★olive.80.fm 
(★を@に変更して送信してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>